肉割れ お尻

お尻にできる肉割れの原因は?消すためのケア方法とは

どんなに痩せている女性でも、お尻に肉割れがあったりします。
日頃、ボディケアに余念が無さそうなグラビアアイドルでも、意外に肉割れ線があるんですよ。
なぜ、そんなに太っていない女性でもお尻に肉割れができてしまうのでしょうか。
ここでは、お尻に肉割れができてしまう原因と、肉割れにならないための予防、万が一肉割れになってしまった人でも遅くないケアの方法について書いていきます。

 

お尻に肉割れができてしまう原因

肉割れというのは医学的名称ではなく、正式には皮膚伸展線条(ひふしんてん せんじょう)と言います。
正式な名称の通り、皮膚が伸ることによってできてしまう線のことを、妊娠期にできたものを「妊娠線」それ以外が原因でできた線については「肉割れ」と呼ばれています。
太っても表面にあるお尻の皮膚が切れて血が出るということはありませんよね。
というのも、表皮(表面の皮膚)はある程度柔軟にできていて、多少引っ張られても伸び耐えることができます。一方で表皮の下の真皮や皮下組織は伸びにくい性質になっててて、引っ張られることに耐えられなくなると、線状に裂けてしまいます。
肉割れクリーム ノコア

 

お尻の肉割れは様々な原因によって生じる

 

太ったことが原因

 

急激に体重が増えたことで肉割れが生じます。
特に女性は、太った際最初に脂肪が付く場所がお尻と太ももと言われています。
お尻や太ももは、急激な体重増加によって、どんなに痩せている女性でも簡単に起こる肉割れなのです。

 

妊娠が原因

 

妊娠期には、赤ちゃんを守るためにお母さんの体は急激に変化していきます。妊娠するとホルモンの影響で脂肪を蓄え、お腹の赤ちゃんを守り育てるためのエネルギーとして、お腹の周りやお尻に脂肪が自然についてしまいます。
とても素晴らしいメカニズムなのですが、それがお腹回りやお尻に肉割れができてしまう原因です。

 

成長期が原因

 

肉割れは決して成人女性だけ起こるわけではありません。急激に身長が伸びたり、女性の体に変化していく成長期にお尻に肉割れができてしまうことはよくあることです。

 

お尻に肉割れを作らないための予防法

 

お尻に肉割れを作らないための予防法は、上でご紹介している原因によっても様々です。
まず一つ言えることは、太ることによってできる肉割れに関しては、生活習慣を見直し、急激に太るような食生活にならないように心がけることが一番です。
急激に太ることは、肉割れになってしまうこと以外に、様々な病気も引き起こしかねませんよね。

 

妊娠線と成長によって生じるお尻の肉割れに関しての予防法は、日頃のケアが最も重要です。
常に皮膚の柔軟性を高めるために、クリームを朝晩必ずお尻にたっぷりと塗ることを習慣付けてください。

 

その際使うクリームは、できる限り肉割れに対応したクリームを選ぶことが重要になってきます。

 

お尻に肉割れができてしまってからのケア

予防をしていたけれど、肉割れになってしまった。気がついたら肉割れができていた。
もし、お尻の肉割れの存在に気が付いたとしても、早めに対処すればかなり薄く目立たなくさせることは可能です。
肉割れは避けた直後は、内出血したように赤紫状態の線条ができ、次第にその線は白く光ったような線に変化していきます。
白くなった肉割れを消すのは、なかなか時間を要しますが、できてしまった直後の肉割れに関しては、早めに肉割れクリームによってケアすることで、元の状態まで近づけることは可能なので、諦めずにケアしてくださいね。

 

お尻の肉割れにおすすめのクリーム

 

実は、私は白くなってからの肉割れに27年間悩まされ続けた経験があります。
ずっと悩んでいたのですが、ノコアのクリームに出会いケアすることによって、だいぶ肉割れが薄く目立たなくなってきました。

 

ケア前の肉割れ

 

肉割れクリーム ノコア

 

現在の肉割れ

 

肉割れクリーム ノコア

 

私のノコア体験日記も合わせて参考にしてみてください。

私のノコア体験日記

 

 

まだ、近くで見たら肉割れがあることが分かりますが、ケア前と比べてかなり改善して、肉割れがあることによって暗くなったりネガティブになったりすることはなくなりました。27年放置した肉割れもかなり薄くなったのですから、できてしまってすぐの肉割れなら、もっと効果を発揮してくれるはず。

 

決してあきらめずにケアすることをおすすめします。