肉割れになる原因

急激に太る事が肉割れの原因

肉割れや妊娠線は、皮膚の下で急に増えた脂肪細胞によって皮膚が引っ張られて
耐えきれなくなった皮膚の深いところにある真皮の層の方で【コラーゲン繊維】というものが裂けることによって起こります。
裂けた直後は赤黒い筋状となり、しばらくすると筋が埋没して2mm〜3mm程度の幅、長さ5mm程度の線のような痕になります。
赤黒かった物は徐々に薄く白っぽい色へと変化し始めますが、凹んだ線状の筋は適切な治療を行なわない限り、そのまま残ってしまいます。

 

肉割れや妊娠線になってしまった場合は、できるだけ早く適切な治療を行う、または十分なケアを早めに行う事が大事なのです。

 

こんな事も肉割れの原因!?

 

急に太ったり妊娠によってお腹の皮膚が引っ張られたりすることが肉割れの一番の原因ですが、
他にも、へん平足外反母趾浮き指による足裏の不安定さが原因になる事も!

 

俗に言う「大根足」は浮き指の人が多いらしく、すねやふくらはぎが異常に発達してしまい
肉割れになる事もあります。

 

また、今までペタンコ靴を履いていた人が急にハイヒールを履いたりして
いつもは使わない筋肉に急激に負担をかけふくらはぎが肉割れに・・なんてこともあるようです。

 

肉割れにならないためには、正しい歩き方や姿勢に気を使う事もとても大事なことなのです。

 

子供でも肉割れになる!!

 

肉割れは大人だけの悩み・・・?

 

そんなことはありません。子供は大人に比べ皮膚に柔軟性はありますが
成長期の急な変化に、皮膚が耐えきれなかった時に肉割れは起こってしまいます。

 

特に成長期の女の子は胸や太ももなどに脂肪が付き始める時。
もし、ご家庭に成長期のお子さんがいる場合は肉割れになる前にクリームなどで保湿を習慣化するように促すといいでしょう。

 

私は、中学の時に肉割れになった経験から、子供たちのお風呂上がりにニベアを塗りたくっています。
子供たちには、絶対に肉割れさせない!
肉割れから我が子を守るのは母親しかいないのですから^^